• 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ

Webユーザビリティ指針

Webサイトにおいてそのサイトの「使いやすさ」を表す言葉として「ユーザビリティ」があります。

諏訪東京理科大学Webサイトではあらゆるユーザーによって閲覧されることを考慮したWebユーザビリティ指針を定め、これに基づいて運営を行います。

内部構造(xhtml+css)でのユーザビリティ

  • わかりやすいディレクトリ名とファイル名を使う
  • 各ページの内容が人目でわかるtitleにする
  • 適切なマークアップを行う
  • 画像には必要に応じてalt属性で代替テキストを入れる
  • 文字サイズはユーザー側で変更できるようにする
  • スペースを使って文字間隔を調節しない
  • 文字色と背景色の組み合わせを考え、コントラストを十分にとる
  • 表組みを適切に構造化する
  • 印刷されることも考えたページデザインをCSSで設計する

外部構造(デザイン)でのユーザビリティ

  • どのページから入ってきても次の行動がわかるように設計する
  • 全てのページに問い合わせ先を明記する
  • 掲載したページを削除・移動・リネームしない
  • どのページからでもホームに戻れるようにする
  • テキストリンクには具体的な内容を記載する
  • HTMLファイル以外へのリンクは事前に知らせる。
  • 文章の行間を読みやすくする
  • 表記と用字用語を統一してユーザーの混乱を防ぐ
  • テキストをスクロール/点滅させない
  • CSSで読みやすい表組を作成する
  • ユーザーが本当に安心できるSSLを導入する
  • 情報バーで注意される技術は使わない
  • 現在位置を明確にする
  • ノイズの無いデザインを目指す
このページのトップへ