折井靖光氏によるAI講演会が行われました

更新日: 2017年11月22日

平成29年11月17日(金)、諏訪東京理科大学コンソーシアム推進協議会の主催事業として、AI講演会が開催されました。

長瀬産業株式会社NVC室 室長の折井靖光氏が講師となり「半導体のスケーリング即終焉の時代においてハードウェア技術はどうなるのか?~人工知能出現による、モノづくりの大きな変革~」をテーマに、AIの発展と今後それが企業にどのような影響を与えるのかをお話しいただきました。本講演には40名を超える聴講者が集まり、折井先生のお話に耳を傾けていました。

講演後には懇親会も開催され、交流会は盛大のうちに終了しました。

 

Pocket