「第2回上川アダプトプログラム&花いっぱい運動」を実施しました

更新日: 2015年07月07日

7月4日(土)に「平成27年度第2回上川アダプトプログラム&花いっぱい運動」が開催され、本学の学生・教職員17名が参加しました。

当日は、はじめに諏訪地域の環境美化を目的とした、第2回上川アダプトプログラムを実施しました。

大学から上川までの通学路を清掃しながら、上川左岸(鬼場橋~粟沢橋間約1.5km)を清掃しました。上川の河川敷は葦(アシ)が伸び始めており、分け入っての作業は大変でしたが、約1時間の活動で可燃ゴミ・不燃ゴミ5袋を回収しました。本活動が開始された頃から参加する教員からは「10年前と比べるとゴミの量はとても減ってきれいになっているね」といった感想が聞こえました。

引き続いて、平成24年度からの継続事業として「花いっぱい運動」を実施しました。この活動は、学生と教職員が協働して実践活動を行い、キャンパスを花いっぱいにする活動を通じて、学生の実践力育成を図るものです。

今回は、マリーゴールド・サルビア・ベコニアの苗を、バス停車場の土手・桜並木・プランター(6号館前へ設置)へ植えつけました。約1時間半、みなさん、土だらけになりながらの作業を行いました。
今後、本学を訪れる皆様方の目を楽しませてくれることでしょう。

諏訪東京理科大学 環境への取り組み

上川アダプトプログラムの様子

20150707-1 20150707-2 20150707-3 20150707-4

花いっぱい運動の様子

20150707-5 20150707-6 20150707-7 20150707-8 20150707-9 20150707-10

 

Pocket