河村学長が駒ヶ根工業高校で飛行と宇宙の授業を実施しました

更新日: 2014年09月16日

本学の河村学長が、駒ヶ根工業高校で、飛行機と宇宙開発の授業を行いました。

対象は、今年度中に本学に来て本学の設備を使って実験をする機械科の生徒さんや、サークル活動で宇宙通信をやっている生徒さん達を含む3年生約80名です。

前半では、飛行の原理、飛行機の歴史、本学で開発しているソーラープレーン等について話をしました。休憩をはさんで後半では、宇宙開発の歴史、人工衛星が落下しない理由、宇宙での生活、また学長自身の宇宙ステーションでの実験までの苦労や実験の成果などについて、たくさんの画像を示しながら説明しました。生徒さん達は2時間に亘って熱心に聴講し、羽ばたき型のリモコン飛行体も活発に経験してもらいました。

20140906-2
Pocket