海外ビジネス研修(短期)に行ってきました

更新日: 2014年09月11日

 経営情報学部では、グローバル人材育成プログラムの一環で、今年度より海外ビジネス研修を正規科目として開講しました。この授業は、諏訪地域の企業有志の方々に学生を受け入れていただき、10日前後で複数の国・企業を見学し海外で働くことについての見識を深める短期研修と、3か月間ベトナムの企業にインターンシップを行い、日本人スタッフとして日本企業が海外に進出する意味と意義を理解し、グローバルな視点を持った人材となることを目的とする長期研修があります。

 今年の海外ビジネス研修(短期)、8月27日から9月3日に開催され、台湾台中で製造業 を展開している(株)創和、台北でソリューションビジネスを展開しているEPSON Taiwan Technology、中国深センの製造業(株)スワコーさん、香港の金融業の八十二銀行香港支店さんにて研修を行いました。

 3年生の男女2名ずつの学生が参加し、教員が2名引率しました。学生4名のうち3名は初めての海外で、いろいろな戸惑いもあったようですが元気に8日間の研修を終えて、海外生活する不安はなくなり、海外で仕事がしてみたいなど大きな意識改革ができたようで、本講義の目的は達成できました。

 研修で撮影した写真をアップします。

20140911-1 20140911-2 20140911-3 20140911-4 20140911-5 20140911-6 20140911-7 20140911-8

Pocket