【陸上競技部】日本陸連 陸上クリニックに参加しました

更新日: 2013年11月14日

陸上競技部は平成25年10月27日(日)に茅野市運動公園陸上競技場で行われた、日本陸上競技連盟の陸上競技クリニックに参加しました。

クリニックの講師として、今年の国体100m優勝の川面聡太選手、昨年の日本選手権110mハードル優勝の八幡賢司選手、2008年の日本選手権・走高跳優勝の土屋光選手の3名の方がおみえになり、各ブロックに分かれて指導を受けました。

跳躍ブロックでは、歩き方や骨盤を意識した動き方などの基本や跳躍の基礎となるドリル等を教えていただきました。日本のトップレベルの選手は、普段の動きから意識を行っているということで大変参考になりました。

今回教わったことを、これからの冬期練習に生かして行きたいと思います。

諏訪地方の中学生、高校生が参加しました

諏訪地方の中学生、高校生が参加しました

日本の現役トップ選手の3人です

日本の現役トップ選手の3人です

歩き方の基本から学びます

歩き方の基本から学びます

気軽に質問に答えていただきました

気軽に質問に答えていただきました

全員で記念撮影、貴重な経験でした

全員で記念撮影、貴重な経験でした

Pocket