地域のお祭りに参加しました

更新日: 2013年10月16日

秋はボランティア活動の要請が集中する季節。その中で、地域への貢献をめざすボランティアサークル「ボランティ」は、地域の2つのお祭りに参加しました。

①10月6日(日)玉川小学校を会場にした「玉川コミュニティまつり」で 子どもたちにバルーンアートを教えながら一緒に楽しみました。

②10月13日(日)茅野市立尖石(とがりいし)縄文考古館を会場に「尖石縄文まつり」が開かれ、勾玉作り、土笛作り、火起こしの手伝いをしました。

サークル「ボランティ」

玉川コミュニティーまつり

前日にスタッフとなる子どもたちにバルーンアートの講習をし、お祭りの当日にはスタッフと協力し合って、サーベル、ウサギ、ライオン、アンパンマン、キティちゃん・・・と色々なバルーンアートの作り方を教えて楽しみました。子どもたちに大人気で、約1000個の風船を使いました。

玉川コミュニティーまつり

尖石縄文まつり

尖石縄文考古館は国宝の「縄文のビーナス」、重要文化財の「仮面の女神」という2つの土偶で有名です。お祭りは、屋外の広大な敷地で催され、豚の丸焼き、巨大竹トンボ、土器の野焼き、石器作り、気球乗り・・・と色々な出し物がありました。「ボランティ」は、勾玉作り、土笛作り、火起こしを手伝いました。小さな子どもたちも、お父さん・お母さんに手伝ってもらいながら一生懸命挑戦していました。

尖石縄文まつり1 尖石縄文まつり2

Pocket