• 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ

【陸上競技部】北信越学生選手権 走高跳で春のインカレに続き優勝!

更新日: 2013年10月01日

陸上競技部は平成25年9月27日(土)、28日(日)に石川県金沢市で行われた、第44回北信越学生陸上競技選手権大会に出場しました。
春のインカレは学校対抗戦となりますが、秋の学生選手権は個人のナンバーワンを決める大会となります。
本学からは円盤投げ、走り高跳びに出場しました。

走り高跳びでは、丸山貴倫(電子システム工学科・1年)が春のインカレのチャンピオンとして登場。順調にバーをクリアして、いよいよベスト記録の2m00にチャレンジしました。身体は十分に越えていましたが、残念ながらクリアならず。
1m95をクリアした2名によるジャンプオフで優勝者を決定することになりました。丸山はジャンプオフ3回目の1m96をクリア、相手がクリアできずに優勝決定!
春、秋の2冠を達成しました!

その他、円盤投げでも石崎暁裕(電子システム工学科・2年)がベストエイトにあと一歩の12位となりました。

今年度の学生の試合はこれで終了となりますが、来年のインカレに向けて弾みがついたと思います。

金沢市の西部緑地公園陸上競技場で開催されました。 大学から金沢市まで車で6時間くらいかかりました。

金沢市の西部緑地公園陸上競技場で開催されました。
大学から金沢市まで車で6時間くらいかかりました。

開会式の様子

開会式の様子

円盤投げの様子。入賞までもう一頑張りです。

円盤投げの様子。入賞までもう一頑張りです。

いよいよ競技開始です

いよいよ競技開始です

見事にクリアしました

見事にクリアしました

電光掲示板に本学の名前が

電光掲示板に本学の名前が

春に続いての優勝です!

春に続いての優勝です!

 


このページのトップへ