社会人大学院生(博士後期課程)が国際会議で発表

更新日: 2013年06月12日

本学博士後期課程の社会人大学院生、鷹野鉄也さんが、6月7~9日に開催された国際会議「アジア持続可能エネルギー国際会議Acsee2013」で、茅野市における自然エネルギーの導入について発表しました。

約20分の発表の後、約10分に亘って、太陽光発電やペレットストーブに対する補助金の仕組みや額、茅野市における自然エネルギーの導入方針等について熱心な質問が寄せられました。

発表する鷹野鉄也さん

発表する鷹野鉄也さん

 

Pocket