平成29年度入学式を挙行いたしました

更新日: 2017年04月11日

4月6日(木)、平成29年度入学式を挙行いたしました。

本年度は、学部365名、大学院工学・マネジメント研究科修士課程14名、博士課程2名、計381名の新入生を迎えました。

また、来賓として柳平茅野市長、宮坂茅野商工会議所会頭、長野県議会今井敦議員、小池久長議員にご臨席いただき、加えて学校法人東京理科大学からも本山理事長が参列し、祝辞を賜りました。

河村洋学長は式辞において、本学の歴史や公立化への経緯を説明した後、長野県が生んだ小説家の島崎藤村の『三智』(「人の世に三智あり、学んで得る智、人と交わって得る智、自ら体験して得る智」)を紹介し、「本学で学ぶこの4年間で、教室では先生達から先人の知恵を学び、学内では友人と親しく交わって互いに高め合い、そして学内外での積極的な体験を通して、この伝統豊かな地域から多くのことを学んで下さい」とメッセージを送りました。

 




icon河村学長式辞 全文(PDF:188KB)

 

Pocket