• 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ

本山理事長が茅野市長へ諏訪東京理科大学公立化協議の要望書を提出

更新日: 2015年09月29日

平成27年9月28日(月)、学校法人東京理科大学の本山理事長が茅野市の柳平千代一市長を訪れ、諏訪東京理科大学の公立化に向けた協議を求める要望書を提出しました。

学校法人東京理科大学の本山理事長は「少子化が進む中で地域に不可欠な存在として存続発展していくためには公立化の検討が必要」と要望書の提出に添え挨拶をし、茅野市の柳平市長は、「諏訪圏域、県にとってなくてはならない大学であり、しっかりと検討していきたい」と応え、今後の協議に前向きな姿勢を示しました。

諏訪東京理科大学は2002年に四年制に移行する際に茅野市と協定を締結しており、運営に関して大幅な変更がある場合には協定の「立会人」である長野県や諏訪広域連合を含め協議をすることとしており、今後、諏訪広域連合長、長野県知事を訪れ、同様の要望書を提出する予定となっています。

20150929-101

要望書を茅野市長(右)に手渡す本山理事長(左)


このページのトップへ