• 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ

シンポジウム「インフラストラクチャとしての太陽光発電の普及」においてポスターセッションに参加しました

更新日: 2014年02月06日

2014/1/22 秋葉原ダイビルにおいて、東京理科大学総研究機構太陽光発電研究部門主催の 「インフラストラクチャとしての太陽光発電の普及」 シンポジウムが開催されました。

20140206-1

このシンポジウムのポスター・セッションで、諏訪東京理科大学の平田(陽一)研究室、渡邊研究室より、修士生2名、学部生3名の発表が行われました。

20140206-4

「酸化物/有機半導体界面を有するシースルー太陽電池の高性能化」渡邊研 林君
「波長変換素子を用いたシースルー色素増感太陽電池の高効率化」渡邊研 矢島君

20140206-2

「劣化太陽電池の実測 I-Vデータを用いた簡易診断手法の評価」平田研 青木君

20140206-3

「劣化モジュール 簡易測定法によるI-Vカーブと従来からの診断法の比較」平田研 酒井君
「劣化モジュール I-Vカーブを診断したデータ分布による信頼性評価」平田研 姉崎君

関連ページ
電気電子工学科HP:http://www.es.suwa.tus.ac.jp/


このページのトップへ