• 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ

平成28年度公開講座 サイエンス夢合宿

諏訪東京理科大学生涯学習センターでは、今年も小学生向けの公開講座「サイエンス夢合宿」を開催いたします。夏休みに諏訪東京理科大学内のセミナーハウスに親子で宿泊し、大学の先生や学生と楽しみながら体験学習を行い、サイエンスの芽を養う企画です。

pdf 平成28年度サイエンス夢合宿パンフレット(PDF:1.8MB)

期日

平成28年7月30日(土)~7月31日(日)  1泊2日

対象長野県内在住の小学生(5・6 年生)とその保護者
※ 保護者のご都合がつかない場合は、それに代わる成人の方でも結構です。
定員小学生と保護者2名1組で40組
  • 体験コース定員
    各コースとも 10組程度
  • ものづくりコース定員
    各コースとも 7組程度
宿泊方法1部屋4人ずつ
※大学の敷地内にあるセミナーハウスに宿泊します。 親子別々の部屋となります。部屋割は当日お知らせします。
持ち物雨具、洗面用具、パジャマ類。
各コース指示の持ち物(抽選結果と一緒にご連絡します。)
食事夕食(7/30・土)と朝食(7/31・日)は大学で用意します。
参加費1組 5,000円(当日現金でお支払い下さい。)
申し込み方法申込書を郵送、FAX、またはe-mailでお送りください。

pdf PDF(292KB) word WORD(201KB)
e-mail : shougai-suwa@admin.tus.ac.jp

申し込み締切平成28年7月7日(木) 必着
備考希望者が定員をオーバーした場合は抽選といたします。また、各コースについては申し込みの際に希望順位をご記入いただき、かたよりがある場合にはコースごとに抽選を行い決定します。
抽選結果は7月12日(火)に発送します。

日程

7月30日(土)
12:30~受付開始
13:00~開講式
13:30~16:00

体験コース(4コースの中から選択)

  1. 1.真夏のさわやかサイエンス!液体窒素で“ひんやり”体験!
  2. 2.光の不思議、色の不思議 光を使って実験しよう!
  3. 3.ロボット技術を学んで自動装置を開発してみよう!
  4. 4.プログラミングに挑戦〜Scratchでゲーム作成〜
16:30~17:30「ゲームタイム」
スワリカ横断ウルトラクイズ
18:00~夕食(学生食堂)
19:00~20:00特別講演会「夏の星座の博士になろう」
講師 若宮 崇令 氏
(八ヶ岳総合博物館 館長)
20:00花火会
21:001日目終了・就寝
7月31日(日)
6:30~記念撮影/ラジオ体操
7:30~朝食(学生食堂)
8:30~12:30

ものづくりコース(5コースの中から選択)

  1. A.ペーパークラフトでよく飛ぶ競技用紙飛行機を作ろう!
  2. B.デジタルマルチメータを作りはんだ付けの名人になろう!
  3. C.光を使ったふしぎな万華鏡を作ってみよう!
  4. D.B級カメラを組み立てて写真をとってみよう!
  5. E.自分だけのランプシェードを作ろう!
  6. F.ペットボトルロケットを打ち上げよう!
12:30修了証書授与、閉講式
13:00解散

平成28年度講座の内容

体験コース(お申し込みの際に希望するコ-スを選択していただきます)

1.真夏のさわやかサイエンス!液体窒素で“ひんやり”体験!

ものすごく冷たい「液体窒素」。その温度はなんとマイナス196℃!液体窒素にボールを入れるとどうなるの?バナナでくぎは打てるの?液体窒素でロケット?夏にぴったりのおいしいものも?液体窒素を使って楽しい科学体験をしよう!

(機械工学科 准教授/今村 友彦)

2.光の不思議、色の不思議光を使って実験しよう!

光ってなんでしょう。まず、プリズムを使って光を分解、光の正体を調べてみよう。不思議なシートで光を見よう。光がどのように変化するか実験してみよう。レンズを組み合わせて顕微鏡にしてみよう。見たいものはなんですか。持ってきてね。

(電気電子工学科 助教/唐澤 幸孝)

3.ロボット技術を学んで自動装置を開発してみよう!

ロボット技術はセンサーやモータをコンピュータ・プログラミングで使う技術です。身の回りの自動装置はロボット技術からできています。手をたたくと光る、前に立つとドアが開く、など自動装置を開発してみましょう。

(コンピュータメディア工学科 教授/市川 純章

4.プログラミングに挑戦 〜Scratchでゲーム作成〜

コンピュータの言葉を使ってコンピュータに処理方法を細かく指示することをプログラミングといいます。通常、プログラミングは英語のような言葉を使いますが、ここでは、英語を使わずにScratchという言語で簡単なゲームなどをプログラミングします。

(経営情報学科 教授/広瀬 啓雄)

ものづくりコース(お申し込みの際に希望するコ-スを選択していただきます)

A.ペーパークラフトでよく飛ぶ競技用紙飛行機を作ろう!

折り紙「紙飛行機」ではなく、型紙を使った本格的ペーパークラフトにより、競技用紙飛行機を手作りし、飛ばしてみよう。飛行時間、飛行スピード、飛行距離、飛行高度など色々なテーマで競ってみよう。

(機械工学科 教授/竹増 光家)

B.デジタルマルチメータを作りはんだ付けの名人になろう!

電流、電圧、抵抗の測定に使用できるデジタルマルチメータを一緒に作りませんか。プリント基板のはんだ付けができるようになるといろいろな電気工作がやりたくなります。完成させたマルチメータは家庭でいろいろと役立ちます。

(電気電子工学科 助教/齋藤 隆)

C.光を使ったふしぎな万華鏡を作ってみよう!

青い空、赤い夕焼け、七色の虹。色はちがってもみんな太陽の光が元になっています。じつは光には、色以外にもふしぎな性質がたくさんあります。いっしょにふしぎな万華鏡をつくって、光がつくるマジックを楽しんでみよう!

(コンピュータメディア工学科 教授/水野 秀之)助教/山口 一弘)

D.B級カメラを組み立てて写真をとってみよう!

牛乳パックとレンズを使って自分だけのカメラを組み立てよう。カメラの原理を理解して、ピントを調整したり、とり方を工夫したり、デジカメとは一味違った写真をとってみよう!(1リットルの牛乳パック(乾燥済)が1個必要です)

(経営情報学科 教授/五味 嗣夫助教/尾崎 剛)

E.自分だけのランプシェードを作ろう!

自分でデザインした世界で一つのランプシェードを作ろう!また、時間があれば3Dプリンターを使ってみよう!

(共通教育センター 教授/木村 正弘講師/櫻井 哲朗)

F.ペットボトルロケットを打ち上げよう!

今年の武藤組は、ペットボトルロケットを作ります。不要となったペットボトルと水と空気を利用した水噴射のロケットです。小学生の君たちだけでなくお父さんお母さんも楽しめる廃品利用のロケットです。みんなで作ったロケットを大空に飛ばそう!

(共通教育センター 准教授/武藤 英)


過去の様子はコチラ


《申し込みあて先》
〒391-0292 茅野市豊平5000-1
諏訪東京理科大学生涯学習センタ-
TEL. 0266-73-1244(入試センター/生涯学習センター)
FAX. 0266-73-1231
e-mail : shougai-suwa@admin.tus.ac.jp

 

このページのトップへ