• 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ

未来へ挑戦する4つのラボ

地域に広がる実践的な活動拠点を目指す諏訪理科ならではの創造拠点

ラボとは最新の機器が設置された共同研究スペースです。学生が自由に利用できるほか、地元企業や地域の人々も活用可能。地域交流の場になったり、ラボに設置された最新機器を使って地元企業と学生が共同プロジェクトに取り組んだりと、地域貢献の実践的な活動拠点となることを目指します。

1.メディアラボ

メディアラボ

PC上のデータから立体の出力・コピーが可能な3Dプリンターや、動画配信・ワンセグ放送にも活用できるミニスタジオを完備。ディジタルメディアの可能性を探る研究拠点です。

平成26年度事業計画

1. 教育研究活動
・学内全エリアに対してエリア放送によるコンテンツ配信サービスを開始(26年4月~)。卒業研究の一環としてコンテンツの創作活動を推進
・卒業研究等での利用促進

2.地域連携活動
・高大連携講座開催
・オープンキャンパス公開
・社会人を対象とした3Dプリンタ、3Dスキャナ利用講習会(毎月の定例化)

3.学生・社会人の利用
・機器取扱指導員(仮称)の配置を検討
・3Dプリンタ学内向け講習会の開催
・学生スタッフの育成
・利用パンフレットの作成 等

2.EV(電気自動車)ラボ

EV(電気自動車)ラボ

学生が組み立てたEV(Electric Vehicle)は、実際に運転して公道を走ることも可能です。これを主なツールとして、より高度なEVの開発などさまざまな研究や実験に挑戦できます。

平成26年度事業計画

1. 新規EVカー製作
当初購入したEVカーは高性能・高機能であるが、構成が非常に複雑であるため、改良・改造が非常に難しい。そこで、構造が極めてシンプルで、キット製作から、各部品、ボディー、モータを含む駆動系まで全てを改造できる、安価なEVカーを新規に購入し、製作する。

2. 設計・製図関連授業および卒業研究への取り込み
特にCAD・CAM関連の設計・製図授業にEVカーを取り込み、駆動部の重要部品やボディーの新規設計を行い、それを実際に製作して、EVカーに組み込むことができるよう、授業内容を変更する。また、その後の性能評価や、具体的な改造、コンペティションへの参加などを卒業研究でできるよう企画する。

3.オムニライド(星野研)の研究開発
機械工学科の星野研究室が研究開発しているオムニライドの製作、走行試験、性能評価などを行う。

3.エネルギーラボ

エネルギーラボ

「燃料電池レーシングカート」を導入、次世代のエコカーとして注目を集めるFCV(燃料電池車)の実現に向けた技術など、新しい電力・エネルギー技術の研究・開発に挑戦します。


平成26年度事業計画

1.高大連携事業
ラボ内で実施できるテーマ数は5つ程度まで増やしました。既に今年度前期、高校から来て頂き、7回シリーズでスマートハウス関連の実習を行う予定です。

2.オープンキャンパス、大学説明会
トレーニングツールを使って燃料電池の仕組みを解説、その応用例としてレーシングカートを活用。試乗していただき、燃料電池を身近に感じていただく。

3.高校生向けの出前授業
クリーンエネルギートレーニングツールは持ち運び可能なので、出前授業にも活用する。

4.1年次の電気電子工学概論
工学概論は今まで座学で行っていたが、クリーンエネルギーのトレーニングツールを使った実習を導入し、エネルギーに対する理解をより深める。

5.共同研究(企業、他大学)、卒業研究
新素材半導体の開発の際、使用する電子顕微鏡を導入する。既に理工学部電気電子情報工学科との共同研究に利用する計画があります。さらに、ラボを利用する卒業研究の件数を増やしていく。

 

4.ビジネスラボ

ビジネスラボ

「植物野菜工場」ユニットによる野菜栽培を行い、その運用技術を学ぶとともに、無農薬で安心・安全な野菜を活用するビジネスのアイデアを、学生ならではの新鮮な目線で提案します。

平成26年度事業計画

昨年度より収集した7つの課題に取り組むことにより,ビジネスラボ開設目的を達成したい。

(1)植物野菜ユニット利活用による用途開発
(2)段ボールキックバイクの普及戦略
(3)寒天天寄せの型開発・販売
(4)寒天商品の普及企画と実践
(5)諏訪県独自のまちづくりのための調査・研究・実施
(6)地域ブランドの素考案・作成
(7)心でつなぐ地域の文化・自然・産業の際創成プロジェクト

プロジェクトの進め方は、失敗からも多くの学びがあることからプロジェクトの進み具合により、グループの統廃合を認め、学生が主体となってのびのびと活動し成果を上げられるよう支援する体制を構築する予定です。

このページのトップへ