授業料の徴収猶予について

 経済的理由により本学が指定する期日までに授業料等の納付が困難であり、かつ学業優秀であると認められる場合や、その他やむを得ない事情があると認められる場合に授業料等の徴収を猶予することができます。徴収猶予の許可を受けようとする者は、前期分については4月30日、後期分については10月1日までに授業料等延納願に必要書類を添えて申請してください。

 詳しくは、諏訪東京理科大学授業料等の徴収猶予に関する取扱要項をご確認頂くか、6号館事務室にお問い合わせください。