OB・OGの声

研究のこと

「誰も知らない答え」を探しています

環境問題に関することを勉強したいと考えていたことと、2年生で初めて学んだ流体力学がとても新鮮で面白かったこと。2つの興味を満たしてくれるソーラープレーンは、僕にとってうってつけの研究テーマです。研究室での実験は、まだ答えの分からないものを探す作業。失敗や苦労は多いですが、その過程も楽しんでいます。どんな道に進んでも、楽しんで勉強した経験は社会で必ず生きてくると思っています。

大村匡希

大村 匡希
機械システムデザイン工学科4年
[長野県] 松本工業高校出身

義肢関係に企業に就職が決まりました!

諏訪東京理科大学へ入学した動機が、医療福祉分野の工学を勉強できること。研究室では義手義足を専門に勉強し、就職先も技師関係の企業に決まりました。学部生からそうした企業に就職する例は少ないので驚いているのと同時に、清水先生の指導にあらためて感謝しています。今後は知識や技術をさらに伸ばし、マイコン制御の義足を自分の手で開発して、一人でも多くの人を喜ばせたいと思っています。

手塚宏紀

手塚 宏紀
電子システム工学科4年
[愛知県] 桜丘高等学校出身

パソコンの操作や知識にも自信がつきました!

母親が自営業をしているので経営学に興味があり、経営情報学科を志望しました。学科ではパソコンを一から学ぶことができ、今では実際に企業で働くうえで必要となる操作はほぼ出来るようになりました。山越先生には、卒業論文のほか資格や就職のことなど、いろいろな相談にのっていただき本当に感謝しています。就職が決まっている地元金融機関でも、この経験を活かしていきたいです。

小泉美紀

小泉 美紀
経営情報学科4年
[長野県] 諏訪二葉高等学校出身

「今一番必要なものを追求」 学びの醍醐味を味わえます

入学当初、プログラミングを勉強しはじめたものの、あまりの複雑さに挫折しかけたことも。そのとき先生の研究室を訪ねて質問したことから逆に理解が深まり、プログラミングが面白くなったんです。広瀬研究室の魅力はそうしたプログラミングの知識も、経営学的な視点も同時に養えること。ゼミでの研究をやり遂げたことで、すでに内定をいただいている企業でSEとして働く自信がつきました。

坂本岳

坂本 岳
経営情報学科4年
[山梨県] 甲府西高等学校出身

企業との共同研究の経験が大きな自信になりました

「焼結」や「転造」の実験は企業の方たちと共同で行い、研究室ではコンピュータ上で図面を作成したり、実験のデータを解析したりしました。研究室での作業と仕事の現場の両方を経験できたことが、一番良かったと感じていることです。僕が取り組んだ歯車の研究を含め、竹増研究室では社会に直接貢献出来る技術を扱うので、やりがいも大きいですね。

杉本充弘

杉本 充弘
機械システムデザイン工学科4年
[愛知県] 知多東高等学校出身

自分で考えて、自分で試す それが研究の醍醐味です

石井研究室の特色は、試薬の調合から測定まで、すべてを自分たちでやること。自分で考え抜いて合成した試料が良いデータを出した時の嬉しさは格別です。馴れてくると「次はあの成分を調合してみよう」というふうに、自然と考えるクセがついてきます。ここで学んだ「自分で考えて、試す」ことの大切さは、今後どのような道に進んでも忘れずにいたいと思います。

牧野翼

牧野 翼
電子システム工学科4年
[長野県] 蘇南高等学校出身

生活のこと

友達がつくりやすいアットホームな雰囲気の大学です(橋詰)

自宅がペンションを経営しており、高校時代からの環境を変えたくなかったこともあって、車で通学しています。諏訪東京理科大学は、100%理系の大学だと思っている受験生もいるかも知れませんが、経営情報学科では経営学やマーケティングなど、文系の科目も充実しています。今面白いと感じているのは、メディアリテラシーの授業。自分たちで映像や動画を作って発表する授業なので、難しい面もありましたがとても楽しかったです。規模の小さな大学なので友達がつくりやすいアットホームな雰囲気も、この大学の良いところだと感じています。

橋詰泰子,山田愛

橋詰 泰子(右)
経営情報学科2年
[長野県] 蓼科高等学校出身

友達のおかげで地元の魅力に改めて気づきました(山田)

私は自宅から、車で35分ほどかけて通っており、アルバイトをしたお金でガソリン代などの生活費をまかなうよう心がけています。家から通えることと、パソコンを一からきちんと勉強できること。そして、オープンキャンパスに来て綺麗なキャンパスを気に入ったことも、この大学への入学を決めた理由です。大学では友達もたくさんできて、蓼科山や八ヶ岳まで一緒に旅行したりしています。大学で学んで改めて、地元の自然の美しさや空気の綺麗な環境の素晴らしさに気づきました。

山田 愛(左)
経営情報学科2年
[長野県] 田川高等学校出身

研究に集中して取り組むため自宅を離れた生活に挑戦中!

親元を離れての生活は、将来自立した時のための良い訓練だと考えています。所属する陸上競技部での活動に時間を使いたかったことや、4年時から本格的に始まる研究室での勉強に集中したいと思ったことも、自宅外通学を選んだ理由。1年次は自宅から約1時間をかけて通学していたのですが、今は、時間を気にせず研究に取り組めます。もともとこの大学を選んだのも、充実した設備と実績のある教員陣に魅力を感じたから。高校時代から目指していた「新しい材料の開発」に携わることを目標に、研究室で学ぶのが今から楽しみです。

宮林優明

宮林 優明
機械システムデザイン工学科2年
[長野県] 松本工業高等学校出身