• 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ

経営情報学部経営情報学科

経営情報学部経営情報学科ホームページ

経営情報学部経営情報学科オリジナルホームページへ

特徴1.経営情報学部だから、コンピュータに強い経営管理者になれる。

今や、情報システムを活用しない会社経営はありえません。また、楽天やDeNAのように、情報システムを活用して新しいビジネスを興し大成功している企業もたくさんあります。つまり、現代は経営学だけを学ぶのではなく、情報システムの知識も同時に学ぶことが重要です。
諏訪東京理科大学経営情報学部なら、「経営学」と「情報システム」を、効率よくしっかりと学習することができます。

特徴2.経営学はもちろん、情報システムに関する教育が充実しています。

経営情報学部では、経営学を活かしビジネスに役立つ情報システムを提案・構築できる人材を育成するために、経営学と情報システムに関する充実した「カリキュラム」と「教授陣」を用意しています。
特に、情報システムについては次のような学びができるようになっています。

 

(1)「情報システム必須知識の習得」

学習風景

まずは、パソコンを使いこなすためにパソコン入門から始まり、多様なメディアを使いこなすための授業があります。そこに、情報システムに関する幅広い知識を修得すれば、将来は「情報システムに強い経営スタッフ・経営管理者」となれます。

(2)「情報システムの開発ができる知識とスキルの学習」

つぎに、情報システム開発者としての基礎知識と基本スキルを学びます。基本スキルでは、統合開発環境eclipseをつかってJavaを2年半学習し、サーバやスマートフォンのプログラムを作成するスキルを修得します。また、大規模システムでは欠かせないネットワークとデータベースに関しても学習します。
将来は「プログラマ」や企業の中での「情報ネットワーク管理者」「データベースのエンジニア」となれます。

(3)「ビジネスで役立つ情報システムの構築ができるハイレベルの学び」

これまで学習した、情報システムの知識をスキル、さらに経営学の知識を活用して、ビジネスで役に立つ情報システムを構築する総仕上げとして、システムデザイン論やWebシステムデザイン論を学習します。
将来は「システムエンジニア(SE)」となれます。

manabi-roadmap

情報システム学びのロードマップ
クリックすると拡大します(PDF:105KB)

si-systemchart

情報システムカリキュラム図
クリックすると拡大します(PDF:97KB)

hennyu-2014

 特徴3.東京理科大学経営学部への「特別編入制度」があります。

諏訪東京理科大学での2年間の学生生活を終えた時点で、東京理科大学への編入を希望する成績上位者は編入試験を受験できるという特別編入制度があります。過去10年間で33名の学生が編入し、東京理科大学経営学部の卒業生として社会に巣立っています。
諏訪東京理科大学経営情報学部では、東京理科大学経営学部3年次へ編入できるように、特別なカリキュラムを用意しています。

特徴4.さらに、「地域課題で実践力,海外ビジネス研修でグローバルな視点」を養う学びができます。

経営学と情報システムの必須知識を習得し基礎固めができた後、諏訪東京理科大学経営情報学部だからこそできるのが応用編の学びです。全国有数の中小企業集積地である諏訪地域の企業や地域諸団体との密な連携がある本学ならではの生きた学びができます。

(1)「プロジェクト&マネジメント」の学び

「ビジネスラボ」とも連携した地域社会の課題解決にグループ活動で挑戦する「プロジェクト&マネジメント」という授業科目を学びます。

(2)「海外ビジネス研修」の学び

地域企業にはすでに海外に進出してグローバルな事業展開をしている企業も多数あります。そのような企業のご支援ご協力をいただいて、それらの企業の海外拠点で短期・長期の研修を効果的に受けることができます。

si-curriculum

詳しくは、経営情報学科の専用サイトをご覧ください。ここをクリック!

このページのトップへ