工学部機械工学科

工学部機械工学科ホームページ

工学部機械工学科オリジナルホームページへ

学科概要

機械工学は、自動車・ロボット・航空宇宙・医療・重工・家電・エネルギーなどに関連した社会生活を支える基礎学問です。環境やエネルギー問題を抱えた今、将来私たちが幸せに暮らすために、本当に役立つものを創り出し、科学技術を発展させるために必要な学問です。「材料・加工」、「ロボット・制御」、「流体・航空機」、「安全・環境」を専門の柱とし、本当に価値あるものを自ら提案・実現できるエンジニア=新しい価値のクリエイターを育成します。

学科アドミッションポリシー

育成する人材

高度化・細分化・グローバル化し、しかも急速に変化する産業界にあって、確立した個として社会に貢献できるような人材を養成するため、まずは基礎学力・コミュニケーション力と機械工学に関する基礎を習得します。

その上で、「材料・加工学」、「ロボット工学」、「航空工学」、「安全・環境工学」等の機械工学諸分野に関する専門性及び技術者としての責任感と倫理観に基づいて、付加価値の高いものづくりを提案・実現するような人材、または「設計・製図・製作」の実務を習得し、企業の生産活動を支える人材を養成します。

これらの教育課程において対話を重視し、社会性を備えた、開かれた人間を育成します。さらに、本学の教育の主要な特徴である「工学と経営学の融合教育」を通じて幅広い視野を養い、「マネジメントの分かる技術者」を育成します。

アドミッションポリシー(求める学生像)

高校の教育課程で数学、物理(主に力学)、化学を修得し、これらを基礎として機械工学分野での専門性を身に付け、ものづくりに様々な形態で携わることを希望する学生を求める。特に以下のテーマに興味を持つことを期待する。

  • (1)環境負荷が低く、無駄の少ない優れた加工法によるものづくりに興味を持つ人
  • (2)新しい、優れた性質をもった材料を使ったものづくりに興味のある人
  • (3)ロボット・電気自動車や様々な自動化設備などの開発・制御に興味のある人
  • (4)航空機・流体機械の設計、環境安全・エネルギー問題への新たな取り組みに興味のある人

特色

将来を幸せな未来にするために本当に価値あるものを創り出し、発展させる力を養います

機械工学は、自動車・ロボット・航空宇宙・医療・重工・家電・エネルギーなどに関連した社会生活を支える基礎学問です。環境やエネルギー問題を抱えた今、将来私たちが幸せに暮らすために、本当に役に立つものを創り出し、科学技術を発展させるために必要な学問です。「材料・加工」、「ロボット・制御」、「流体・航空機」、「安全・環境」を専門の柱とし、本当に価値あるものを自ら提案・実現できるエンジニア=新しい価値のクリエイターを育成します。

機械工学の基礎を徹底して身につけスムーズに専門分野へ移行できます

機械工学の基礎は、「材料力学」「流体力学」「熱力学」「機械力学」のいわゆる4力学。それらすべての導入科目となる物理・数学から学修がスタートします。さらに、4力学すべての科目に演習形式の授業も用意され、確実に機械工学の基礎が身につけられるカリキュラムになっています。そのため必修科目も多くなりますが、それらを修得することにより、「材料・加工」、「ロボット・制御」、「流体・航空機」、「安全・環境」の4つの専門分野へスムーズに移ることができるのです。

知識だけではない多彩な実践科目で技術力を高めます

図面を描く・読む力は、あらゆる現場で求められる基本的な能力。機械工学科のカリキュラムには、機械設計・製図・製作を修得するための多彩な実践科目が1年次から用意されているのも特色です。1年次の「作るシステム工学」では、実際に歩行ロボットを製作します。2年次以降は現場で用いられている設計・製図技法(CAD、CAE、CAM)を本格的に学びます。さらに興味がある学生は、修得した知識・技術を活かしてEV(電気自動車)ラボで、設計・製作の力を試すこともできます。

カリキュラム

4年間の流れ

ステップ1.専門分野に備えて基礎力をじっくり学びます

導入基礎科目とすべての分野に共通の基礎的な科目を中心に学びます。演習がセットになっているのが授業の特色で基礎が徹底的に身につきます。1年次から実践力を身につける実習科目もあります。

ステップ2.専門分野も本格的にスタート。自分の進む方向性を見すえます

1年次に身につけた基礎学力を礎に、材料力学、流体力学、熱力学、機械力学の授業が本格的に始まります。自分の興味や適性を見ながら、専門分野への土台固めの時期となります。

ステップ3.専門分野を深める充実したカリキュラム

材料・加工、ロボット・制御、流体・航空機、安全・環境の専門分野の学びを深める授業が充実しています。それぞれが各研究室の研究と密接に関連した授業です。研究室への仮配属も始まります。

ステップ4.卒業研究・卒業設計製作で卒業設計製作で

配属した研究室で担当教員の指導の下、最先端の研究・独自テーマに沿った卒業研究・卒業設計製作を行います。大学生活の集大成として卒業論文作製と研究成果をプレゼンします。

資格取得のサポート

目指せる資格・試験

  • 機械設計技術者試験
  • 工業英検
  • CAD利用技術者試験
  • 3次元CAD利用技術者試験
  • Solid Works認定プログラム
  • 環境プランナー
  • ボイラー技術者

など

教員一覧

材料・加工

  • 板橋 正章 教授

    衝撃工学
    環境配慮型構造設計

    板橋 正章先生の研究のページ

    研究内容

    ぶつけても安全な自動車、落ちても大丈夫な飛行機、大地震でもいきなり崩れない建築構造物。こうした新しい特性を備えた金属や複合材料を開発するための基礎研究を行っています。そのために活用・開発しているのが、高速引っ張り試験などの実験手法で、衝撃工学と呼ばれるものです。動的負荷を与えることで材料や構造の力学的特性を明らかにします。研究室では企業と共同で未知の分野の実験を行い、次世代の材料や構造の開発に貢献しています。

  • 竹増 光家 教授

    材料加工学
    粉体粉末冶金工学
    マイクロ加工
    数値シミュレーション

    竹増 光家先生の研究のページ

    研究内容

    固体金属材料に外力を加えて塑性変形させたり、金属やセラミックスの粉末を最終形状製品まで直接成形するなど、切り屑を出すことなく有用な形と性質を与える加工プロセスのメカニズムの解明、新プロセスの開発・制御・評価・最適化を行っています。

  • 内海 重宜 准教授

    ナノカーボン材料
    磁性材料
    材料科学

    内海 重宜先生の研究のページ

    研究内容

    私たちは様々な材料に囲まれて生活しています。材料の開発・改良は生活を快適にし、省エネや環境保護にも役立ちます。そんな地球に優しい材料の研究・開発を考える研究室です。ナノカーボン材料の特性制御や世界最高品質の磁性材料、汚染物質除去材料を研究しています。

ロボット・制御

  • 星野 祐 教授

    制御工学
    ロボット工学
    振動工学

    星野 祐先生の研究のページ

    研究内容

    私の研究テーマである制御工学は、さまざまな機械システムの高度な動きをコントロールします。その領域は、物体の制振技術から二足ロボットの歩行安定化、乗り物の自律制御まで多岐にわたります。研究指導で重視しているのは、制御プログラムを実装した機械を実際に製造して実験すること。理論を現実化したときに発生する課題解決が大きな学びにつながります。また企業との共同研究も多く、具体的な成果を出す充実感が感じられます。

  • 國行 浩史 准教授

    自動車衝突安全・予防安全
    交通事故分析
    機械力学

    國行 浩史先生の研究のページ

    研究内容

    電気自動車や自動運転車など自動車は新たな進化局面を迎えています。 安心で安全なクルマ社会を実現するために、工学的な視点から様々な交通事故リスク要因の調査、分析を行い、衝突時の乗員傷害軽減や車体構造最適化の研究、運転支援や事故防止技術の研究を行っています。また、人や地域社会とも連携し、未来へのクルマ社会づくりに取り組んでいます。

流体・航空機

  • 雷 忠 教授

    航空機空力形状の設計
    数値流体解析

    雷 忠先生の研究のページ

    研究内容

    有人機にしても、無人機にしても、安全性、安定性が強く求められます。太陽光エネルギーを利用する航空機の研究にも力を入れていますが、太陽電池を組み込む全機システムの設計に関する課題があり、新しい取り組みとして、宇宙工学分野といった多方面からも注目されているのです。火星探査機を飛ばすことも目標のひとつ。甲信越で航空機を研究できるのは本学科だけ。「より速く、高く、遠く」へ、大きな挑戦は続きます。

  • 今村 友彦 准教授

    燃焼工学
    安全工学

    今村 友彦先生の研究のページ

    研究内容

    “燃焼”は、我々の生活で必須のものですが、常に危険と隣り合わせなため、高度な社会生活を送るためには、燃焼を”安全に”かつ”有効に”利用する技術が必要です。燃焼現象の科学的な解明から、事故シナリオに基づいた危険性評価や効率的燃焼機器の開発まで、”燃焼を科学”します。

  • 杉本 振一郎 助教

    計算力学
    並列計算
    連成解析

    杉本 振一郎先生の研究のページ

    研究内容

    ものづくりの現場で必要不可欠となったコンピュータシミュレーション。その技術を支える基礎研究や、機械要素部品から医療用MRIなどの性能、建物の耐震性能などをコンピュータシミュレーションで予測するための応用研究をしています。

安全・環境

  • 須川 修身 教授

    社会安全工学
    環境安全

    須川 修身先生の研究のページ

    研究内容

    安全・安心な社会を構築するための工学(社会安全工学)として、火災安全や火災周辺科学が研究テーマです。人の安全を第一として、火災からの避難、大型電気装置の消火、難燃油の評価、ハイブリッド車の燃焼性状の把握と消火対策など社会に必要な安全の向上を図る研究です。

  • 上矢 恭子 助教

    環境科学
    ニオイの科学
    火災科学

    上矢 恭子先生の研究のページ

    研究内容

    人は、数万種類のニオイを区別できると言われており、様々な判断をする際にもニオイが一つの指標となっています。私たちを取り巻く生活環境、食生活などの様々な観点から、ニオイの質、強さおよび成分分析を行い、人が危険と判断するニオイの関係について明らかにしていきます。