機械電気工学科

機械電気工学科 NEWS

学科の特徴

電気自動車やロボットなどの開発が進み、機械と電気の結びつきがいっそう強まった今、機械・電気両分野の知識をとスキルを修得することで、ものづくりの可能性は大きく膨らみます。機械・電気に関する幅広い分野を統合的に学修し、ミクロの世界から航空宇宙まで、未来に必要なものづくりができる人材を育成します。

こんな人に合っています

  • 自分で考えたものを形にすることが好き
    未来のロボットや未来の車を創りたい
    次世代のエネルギーについて学びたい
  • 環境への負担を抑える方法を生み出したい
    航空機の開発に携わりたい
    機械を支える材料や加工法に興味がある

4年間の流れ

  • 1年次
    機械工学と電気電子工学の基礎をじっくり学ぶ1年間。

    機械工学・電気電子工学、両分野の学びには数学・物理の知識が不可欠。2年次以降で履修する専門分野の学びを視野に入れ、物理・数学を中心とした基礎的な内容を学びます。さらに1年次から実験科目を設定することで、座学で得た知識の定着を図ります。

  • 2年次
    機械工学・電気電子工学の理解を深め、後期からコースを選択。

    2年次では、機械・電気の専門分野の学修が本格的にスタート。演習や実験を行う授業科目も増え、座学との相乗効果で実践力を養います。また、後期には自分の将来を見据えたコース選択を行い、専門分野の基礎を固めていきます。

  • 3年次
    専門分野の学びが、融合分野の学びに生きてくる。

    3年次では、各分野の授業科目が充実し、専門分野の知識を深めます。また、関連する授業科目を幅広く履修することも可能。さらに、研究室への仮配属(「ゼミ研究1・2」)も始まり、自分の興味・関心のある研究室で、先生や先輩のサポートを受けながら基礎研究を進めていきます。

  • 4年次
    学んできたことを掛け合わせ、卒業研究で新たな価値の創造に挑戦!

    4年次では、研究室に本配属となり、4年間の学びの集大成である卒業研究に着手します。研究テーマの考案からスタートし、今ある課題に対して今まで学んできた各分野の知識や技術がどのように生かせるかを探ります。また、扱うテーマによっては企業と共同で研究を行ったり、学会で発表することもあります。

コース紹介

コース紹介

先進機械コース

  • 【革新的材料・モノづくり】

    これまでにない高い機能や特長を持った新素材や加工法について研究します。

  • 【統合安全・安心】

    安全・安心に新エネルギーを利用できる社会の構築をめざした取り組みを行います。

  • 【ロボット・制御 (介護・福祉)】
    融合分野

    未来の乗り物・ロボット技術を学び、介護・福祉分野への応用を図ります。

  • 【航空・宇宙】融合分野

    ソーラープレーンや宇宙太陽光発電など最先端の航空・宇宙分野の知識と技術を身に付けます。

  • 【環境エネルギーマネジメント】
    融合分野

    燃料電池や太陽電池など、環境エネルギー問題を解決する知識と技能を修得します。

  • 【先進自動車】融合分野

    電気自動車や未来の自動運転技術を開発するための基礎技術を学びます。

キーワード

・電気/水素自動車
・ロボット/制御
・パーソナルモビリティ
・自動運転
・材料/モノづくり
・機械加工/ねじ
・機械材料/金属/セラミックス/
プラスチック
・ナノテクノロジー
・カーボンナノチューブ
・介護/福祉
・航空/宇宙
・ソーラープレーン
・安全/安心
・衝撃
・エネルギー/環境
・風水力発電
・熱システム
・燃焼
・火災/消火
・リスクマネジメント
・シミュレーション

目指せる業種・職種

・各種機械、電気製品の設計/開発/製造
・新素材や新製造プロセスの研究/開発
・生産設備およびシステムの自動化、省力化などに携わる技術者
・製品の販売/管理/保全に携わる
サービスエンジニア
・自動車関連メーカー
・エネルギー関連メーカー
・機械材料メーカー
・大学院進学
など

取得可能な資格

・SOLIDWORKS認定プログラム
・計算力学技術者(CAE技術者)
・3次元CAD利用技術者試験
・ITパスポート試験
・基本情報技術者試験
・機械設計技術者試験(3級)
など

電気電子コース

  • 【センシングデバイス】

    IoTやスマート社会システムの主要な技術の体系的な理解を深めます。

  • 【リニア・磁気浮上】

    情リニアモーターカーなどに用いられる磁気浮上技術やその応用について研究・開発します。

  • 【ロボット・制御 (介護・福祉)】
    融合分野

    未来の乗り物・ロボット技術を学び、介護・福祉分野への応用を図ります。

  • 【航空・宇宙】融合分野

    ソーラープレーンや宇宙太陽光発電など最先端の航空・宇宙分野の知識と技術を身に付けます。

  • 【環境エネルギーマネジメント】
    融合分野

    燃料電池や太陽電池など、環境エネルギー問題を解決する知識と技能を修得します。

  • 【先進自動車】融合分野

    電気自動車や未来の自動運転技術を開発するための基礎技術を学びます。

キーワード

・センシングデバイス
・IoTセンシングシステム
・太陽光エネルギー
・太陽電池
・燃料電池
・スマート植物工場
・農業IoT
・AI農業
・電気機器/電力技術
・モータドライブ
・リニアモーターカー
・磁気浮上
・半導体デバイス
・機能性薄膜
・LED/有機EL

目指せる業種・職種

・各種機械、電気で遺品の設計/開発/製造
・新素材や新製造プロセスの研究/開発
・生産設備およびシステムの自動化、省力化などに携わる技術者
・製品の販売/管理/保全に携わるサービスエンジニア
・重工業メーカー
・エネルギー関連メーカー
・自動車メーカー
・光学機械器具製造業
・計測機器メーカー
・大学院進学
など

取得可能な資格

・第一級陸上特殊無線技士
・第三級海上特殊無線技士
・第二種電気工事士
・電気通信設備工事担任者
・電気通信主任技術者
・情報処理技術者試験
など

カリキュラム

カリキュラム