工学部コンピュータメディア工学科

工学部コンピュータメディア工学科ホームページへのリンクバナー

コンピュータメディア工学科ホームページへ

学科概要

スマートフォンも、ロボットも、コンピュータグラフィックスも、すべて情報工学を用いたメディア、つまりコンピュータメディアです。コンピュータメディア工学科は、コンピュータやディジタルメディアを介し、すべての人と人がつながるあたたかい社会を創造する新しい学科としてスタートします。学科の特長は、情報工学の基礎から応用までを身につけ、自分のアイディアをソフトとハードの両面からカタチとして実現できることです。時代に左右されない知識と技術を学びながら、大学と企業さらには公官が一緒になって実践的な技術の修得や未来創造的な研究を行います。

アドミッションポリシー

育成する人材

急速に変化し予測が困難な情報化社会にあって、自ら主体的にアイディアを創出し、実行そして実現できる人材を育成します。

そのためには、コンピュータ技術をベースに、画像・音響・情報分野、通信・ネットワーク分野、計測・制御・知能分野に興味のある学生やそれらの要素技術と社会ニーズを基にディジタルメディア製品やサービスを開発するディジタルメディア創成に興味のある学生向けに、基礎学力を十分備えかつ急速に変化しグローバル化する社会動向に対応できる技術力、人と技術を連携できるメディア構成力を持つ人材を育成します。

具体的には、講義による共通基礎及び専門教育に加え、少人数のグループ体制で行う実験、実習、卒業研究を通じて、人と人とのコミュニケーションから得られた他の意見も参考にしながら自らの考えを世界に発信することのできる主体性と協調性を備えた人材を育成します。

さらに、本学の教育の主要な特徴である「工学と経営学の融合教育」を通じて幅広い視野を養い、「マネジメントの分かる技術者」を育成します。

アドミッションポリシー(求める学生像)

急速に変化し予測が困難な情報化社会にあって、自ら主体的にアイディアを創出し、実行そして実現できる技術者の育成を目指して、次のような学生を求める。

  • (1)コンピュータ技術をベースに、①画像・音響・情報分野、②通信ネットワーク分野、③計測・制御・知能分野に興味のある学生
  • (2)上記の要素技術と社会ニーズを基にディジタルメディア製品やサービスを開発する④ディジタルメディア創成に興味のある学生
  • (3)コンピュータメディア工学に関する分野において高度な専門知識を身につけようとする意欲のある学生

コンピュータメディア工学科の特色

自分のアイディアをソフトとハードの両面からカタチとして実現できる人材を育成する新学科が誕生

学科の特徴は、情報工学の基礎から応用までを身につけ、自分のアイディアをソフトとハードの両面からカタチとして実現できることです。時代に左右されない知識と技術を学びながら、コンピュータやディジタルメディアを介し、すべての人と人がつながるあたたかい社会を創造する新しい学科がスタートします。

次世代の情報工学=コンピュータメディアを極めます

スマートフォンも、ロボットも、コンピュータグラフィックスも、すべて情報工学を用いたメディア、つまりコンピュータメディアなのです。本学科では、座学だけではなく、プログラム(ソフト)や組み込みシステム(ハード)の修得を目指します。特に3年次からは音響画像を用いたマルチメディア、携帯電話の通信ネットワーク、知能ロボット、これらを統合したコンテンツ開発などを各研究室で学び、時代を変える力を養います。

どこでも自由に使える個人パソコンで研究の可能性を広げます

1年次からWi-Fiなどのネットワークに接続できる個人用モバイルパソコンを必ず持ち、いつでもどこでも勉強・研究でき、自由に自主的な活動にも取り組めます。授業でもこのパソコンをフル活用し、e-learningによる予習復習など、ユビキタス社会における効果的な学修を実現していきます。さらに、大型液晶やスタジオ、3次元CG製作設備といったディジタルツールが揃うメディアラボで、地域や企業と関わりながら実践力を高めます。

カリキュラム

4年間の流れ

ステップ1. 習熟度別クラスで高校から大学へスムーズな学び

導入基礎科目で高校の復習を行った後に、本学科4年間で必要となる数学・物理、電気・電子回路、コンピュータの基礎知識を身につけます。後期からは、専門もスタート!!

ステップ2. 演習・実習科目などに個人パソコンを用いた実用的かつ応用的な学び

情報工学の基礎となる専門分野は、講義だけでなく演習・実験科目の実用的な技術を学びます。それらの科目では、個人パソコンを用いた応用的な学習を行えるのが特徴です。

ステップ3.「ゼミ研究1・2」科目を通して研究室で学び実践的な研究活動をスタート

「ゼミ研究1・2」科目を通じて研究室の先輩と一緒に、自分の興味・関心がある研究を”とことん”追求できることが大きな魅力です。また卒業研究の第一歩となります。

ステップ4.自分のアイディアをカタチにする卒業研究

卒業研究では、自分のアイディアで、地域・社会の技術的・環境的な問題を情報工学の知識・技術を用いて、新たなカタチで解決する大学生活の集大成です。

資格取得のサポート

  • 第一級陸上特殊無線技士
  • 第三級海上特殊無線技士
  • 電気通信主任技術者
  • 工事担任者
  • ITパスポート試験
  • 基本情報技術者試験

など

教員一覧

画像・音響・情報

  • 平田 幸広 教授

    バーチャルリアリティヒューマンインタフェース

    平田幸広先生の研究のページ

    研究内容

    バーチャルリアリティを実現するウォークスルーの研究を行っています。これは、バーチャルな世界のなかを自由に動き回れる環境のこと。前方と左右の3つの面をスクリーンで囲んで実写画像を投影、人の視点に合わせて画像を追従させて動かすことで臨場感ある仮想空間を実現します。現在はこの技術を交通安全の教育に活用、交差点や走っている車を実写で投影し、車や飛び出しの危険などを子どもたちに指導するウォークスルーを開発しています。

  • 田邉 造 准教授

    ディジタル信号処理
    スマートフォンアプリ

    田邉研究室ホームページ

    田邉造先生の研究のページ

    研究内容

    リアルタイムに必要な情報へと処理するディジタル信号処理は、携帯電話やカーナビゲーション等に用いられ、私たちの生活の中にかかせない技術です。この技術を用いたディジタル無線通信、音響信号処理、画像処理等の研究、及びこれを用いた医療分野への応用研究も進めています。

  • 山口 武彦 講師

    複合現実感提示技術
    データサイエンス
    研究内容

    コンピュータの世界と現実世界の情報を融合した情報提示技術である複合現実感技術に関する基礎研究、および機械学習を用いたヒトの生理・心理・行動特徴量の解析・可視化技術の開発を行っています。また、これらの応用として、軽度認知障害の早期発見技術の開発などを行っています。

通信・ネットワーク

  • 松江 英明 教授

    モバイル通信
    無線通信・ネットワーク

    松江英明先生の研究のページ

    研究内容

    スマホやタブレットなど急速に進化する携帯電話システムの通信技術について研究しています。通信速度の高速化、快適に動画などを伝送するアクセス制御、どこでも通信できるアドホックネットワークなどを開発、また安曇野地域における次世代移動通信システムによるサービス実証実験にも取り組んでいます。いずれも最先端分野であり、やりがいある研究フィールドです。学生たちにはフロンティア精神をもってあきらめずに最後まで挑戦し続けるよう指導しています。

  • 杉田 誠 准教授

    暗号・セキュリティ
    ネットワーク

    杉田誠先生の研究のページ

    研究内容

    コンピュータネットワーク、モバイルネットワークの急速な発展に伴い、セキュリティ技術の重要性が叫ばれています。セキュリティ技術の安全性は暗号の安全性に基づいており、暗号の安全性に関する研究は全てのセキュリティ技術の基本です。暗号技術をベースに安心・安全な社会への研究を行っています。

計測・制御・知能

  • 清水 俊治 教授

    医用・福祉工学
    ヒューマン・サイエンス

    清水 俊治先生の研究のページ

    研究内容

    高度な医療や介護によって安全に暮らし、便利な製品を使い、豊かな環境で生活するためには、我々、ヒトの生体制御特性、運動特性、感覚特性、認知特性、脳の仕組みなどを計測し、理解することが大切です。これにより、高度な医療診断装置や使いやすい福祉機器を開発し、暮らしやすい環境を設計します。

  • 市川 純章 教授

    知能ロボティクス
    メカトロニクス

    市川 純章先生の研究のページ

    研究内容

    使う人の視点に立ったロボットのユーザビリティが、私のロボット研究のテーマです。例えば、ロボットに指示するには従来ならプログラミングが必要でしたが、それをジェスチャーで教える。あるいは、ロボットの操縦をスマホで行うなど、通常の人がロボットをうまく使うための知能制御・自律化を研究しています。ロボットの要素技術はかなり確立していますから、大切なのはアイデア。柔軟な発想でこれからのロボット技術を考えていきます。

  • 井上 拓晃 助教

    福祉工学
    研究内容

    近年高度で小型のセンサーが手軽に手に入れられ身近に使えるようになりました。これまでコストや使い勝手の問題から開発されてこなかった感覚代行する機器や福祉機器の研究開発に取り組んでいきます。またそうした製品の生体計測

ディジタルメディア創成

  • 水野 秀之 教授

    ヒューマンコンピュータインタラクション・マルチメディア処理
    研究内容

    人と機械の間をコンピュータを用いて対話的にとりもつインタラクションの研究を通して、私たちの生活をより快適で便利に、そして笑顔にする携帯機器の利用方法の研究を行っています。また画像や音声など様々なメディアの内容を分析・理解するためのメディア処理技術を活用することで、地域社会を活性化するような新しいサービスの研究開発にも取り組んでいます。