建学の精神・理念・使命目的

建学の精神

理学の普及を以て国運発展の基礎とする

基本理念

学部

主体性の確立した人材の育成

急速に発展する科学技術に対応し、自ら将来を開拓できる実力ある人材を育成する。

地域の生涯学習と地元企業の技術力・経営力の向上に貢献

地域に開かれた大学として地域に貢献するとともに、産学官連携のもとに新産業・新技術創出の促進と経営革新活動推進に積極的に取組む。

大学院

21世紀の社会でリーダーシップを発揮できる人材の育成

「主体性を確立した人材」にとどまらず、時代の要求する新しい考え方、方法論、技術を駆使して、組織の中でリーダーシップを発揮できる人材を育成する。

地域企業の技術力・経営力の向上に寄与し、地域産業の発展に貢献

地域に開かれた大学として産学官連携のもとに、新技術の創出、社会システムとしての展開とこれをマネジメントする一連の流れをカリキュラムに盛り込み、人材を教育することと先端的研究をもって地域産業の発展に貢献する。

使命・目的

大学

本学は、理学及び工学並びにそれらの応用を教育研究するとともに、幅広い教養教育を行い、人間性及び創造性豊かで主体性の確立した人材を育成し、地域の知の拠点として文化の進展と産業の興隆に寄与することを目的とします。

大学院

○修士課程は、工学と経営学を融合した研究及び応用の能力を培い、社会においてリーダーシップを発揮できる人材を育成して、文化の進展・産業の興隆に寄与することを目的とします。

○博士後期課程は、技術革新に自立して対応できる高度な研究開発能力及び技術経営に関する幅広い素養を持ち、国際的に活躍できる豊かな学識を身に付けた人材を育成することを目的とします。

教育理念

学部

21世紀に活躍できる高度なスペシャリストの育成

高い専門性をもつことはもちろん、社会の変化に対応できる知識・方法論・技術などを自ら獲得していける能力と意欲を持つプロフェッショナルを育成する。

新しい社会の倫理に基づく人材の育成

情報通信技術に関する知識と倫理観、環境保全の重要性を踏まえ、情報化社会の課題を解決し、21世紀の新しいモノを創り出す力となる人材を育成する。

実力重視の教育の実施

本学の卒業生が社会や企業において高水準の能力を発揮し、有用な人材として認められるよう真の実力を身に付けるための教育を実施する。

大学院

「工学と経営学の融合教育」の更なる高度化

学部で実施した「ビジネス社会との関係を理解できる技術者と技術の性格や技術革新の意味が理解できるビジネスの専門家の育成」の教育を、さらに実社会で必要とされるレベルまで高度化し学習できるよう教育する。

地域社会へ貢献できる人材育成

長野県及び諏訪地域の産業・社会構造を理解し、技術力、システム力、経営力をもって地域に貢献できる人材を育成する。併せて、地域の産業界や自治体の人材を高度化するための教育機関として、社会人学生を受け入れ、地域社会の活性化に寄与する。

特徴ある先端分野の教育・研究の深耕

本学の特徴ある先端領域の基礎・応用・システム研究をさらに深める研究を通じて、高度な知識を持ち自ら研究できる人材を育成する。