• 受験生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ

奨学金制度

諏訪東京理科大学では皆さんの学ぶ意欲をバックアップするためにさまざまな 奨学金制度を用意しています。また、各種奨学金の情報も収集しておりますので、 皆さんの条件にあった奨学金を紹介できます。日本学生支援機構等の奨学金募集に ついては入学後に説明会を行います。

本学の給付型奨学金(経済支援奨学金、同窓子女奨学金、兄弟姉妹奨学金)は学生1名につきいずれか1種類のみの給付となります。

授業料免除 諏訪東京理科大学 特別奨学生制度

詳しくはコチラを、参照してください。

給付 諏訪東京理科大学 経済支援奨学金(対象:学部生のみ)

貸与/給付 給付
金額 入学金相当額(2014年度28万円)
採用人数 工学部10名、経営情報学部5名を上限
対象・条件など
  1. 1.指定校制推薦入試(評定+面接+小論文)
  2. 2.一般入試B方式(前期)

の結果により判断。

給付 諏訪東京理科大学 同窓子女奨学金(対象:学部生のみ)

貸与/給付 給付
金額 入学金相当額(2014年度28万円)
給付対象者 学校法人東京理科大学の大学(東京理科大学・諏訪・山口・短大含む)の卒業生を父母とする学生。

給付 諏訪東京理科大学 兄弟姉妹奨学金(対象:学部生のみ)

兄弟姉妹で諏訪東京理科大学の学部に入学する学生に対し、奨学金を給付し、経済的支援を行います。

貸与/給付 給付
金額 入学金相当額(2014年度28万円)
給付対象者 本学の学部に入学する学生で、次のいずれかに該当する者。
  1. 1.本学の学部に、兄弟姉妹が在籍している者。
  2. 2.本学の学部又は、東京理科大学諏訪短期大学を卒業した兄弟姉妹がいる者。
  3. 3.本学の学部に、兄弟姉妹が同時に複数名入学する場合は、いずれか1名を除いた者。

本学の給付型奨学金(経済支援奨学金、同窓子女奨学金、兄弟姉妹奨学金)は学生1名につきいずれか1種類のみの給付となります。

給付 諏訪東京理科大学 海外研修等支援奨学金(対象:学部生・大学院生)

海外において積極的に英語力及び国際的活動力の向上を図ろうとする意欲のある学生を支援する給付型奨学金。東京理科大学が実施する「サマー語学研修プログラム」及び本学が主催する海外研修プログラムなどが対象となっています。

貸与/給付 給付
金額 最大20万円
※海外研修プログラムごとに設定
※同一プログラムにおいて1回限り
採用人数 毎年度、海外研修プログラムごとに設定
給付対象者 本学の学部又は大学院の正規の課程に在籍する学生で、次のいずれかに該当する者から選抜。
  1. 1.TOEIC©(IPテストも可)で400点以上獲得している者、又は実用英語技能検定準2級以上に合格している者、又はそれに準ずる英語力を有する者。
  2. 2.学部に在籍する2年生以上の学生においては、前年度までのGPA又は成績評価係数が1.8以上の者。
  3. 3.学長が特別に認めた者。

貸与 諏訪東京理科大学奨学金(対象:学部生・大学院生)

本学が独自に設けている奨学金制度です。日本学生支援機構と同じく奨学金は貸与ですが、無利子です。

出願資格 人物・学業ともに優れ、かつ健康な者で経済的理由により就学困難な学生
募集時期 4月(日本学生支援機構奨学金と同時に募集します。)
貸与額 学部生:年額60万円
大学院生(修士):年額48万円/大学院生(博士後期):年額60万円
貸与期間 1年間。ただし、引き続き貸与を希望する場合は、手続きにより標準修業年限の範囲内で貸与期間を延長することができます。
返還義務 あり。卒業後元金均等割賦で返還。
利子 無利子

貸与 諏訪東京理科大学緊急貸与奨学金(対象:学部生・大学院生)

本学独自の奨学金制度で、年度途中で家計状況が急変し、修学が困難となった学生を支援します。

貸与対象者 年度途中で次の理由により家計状況が急変し、修学が困難となった学生
  1. 1.家計支持者の失業(定年退職、転職のための失業は含まない)
  2. 2.家計支持者が自営する会社の倒産
  3. 3.家計支持者の病気又は事故等による著しい支出増加又は著しい収入減少
  4. 4.火災、風水害等の災害により、家計支持者の家計が著しく切迫
貸与額 学部生:年額60万円
大学院生(修士):年額48万円/大学院生(博士後期):年額60万円
返還義務 あり。卒業後元金均等割賦で返還。
利子 無利子

貸与 日本学生支援機構奨学金(対象:学部生、大学院生)

日本学生支援機構奨学金は、国が設立したもっとも大きな奨学金制度です。 奨学金は貸与であり、卒業後は返還の必要があります。 無利子奨学金と有利子奨学金の2種類があります。また、日本学生支援機構には 予約採用制度があります。 これは高校在学中に進学後の奨学金貸与を確約しておくものです。 これは在学している高校を通じて申込みします。

詳しくは、日本学生支援機構ホームページをご覧ください。

学部生 第1種 第2種








1年生 調査書記載の評定平均値が3.5以上の者 高等学校時の成績が平均水準以上の者
2年生以上 大学の学業成績が本人の属する学部(科)の

上位1/3以内の人
大学の成績が平均水準以上の人
家計 4人家族で主たる家計支持者が給与所持者(サラリーマン等)の場合、 年収合計が下記を超えない程度。(状況により異なります。)
約1,039万円 約1,485万円
この他、人物、健康などを総合的に判断します。
募集時期 4月上旬
貸与金額

(月額)
  • 自宅通学 54,000円
  • 自宅外通学 64,000円
  • 30,000円
  • 50,000円
  • 80,000円
  • 100,000円
  • 120,000円

の中から自由に選択する

返還義務 あり。卒業後、月賦又は月賦・半年賦併用で返還。
利子 無利子 有利子
大学院生 第1種 第2種






学力 大学並びに大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められる者
  • 大学並びに大学院における成績が優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められている者
  • 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
家計 本人及び配偶者(配偶者は定職収入がある場合のみ)の年間の収入金額が、収入基準額以下であること。
374万円 425万円
この他、人物、健康などを総合的に判断します。
募集時期 4月上旬
貸与金額(月額) 50,000円又は88,000円
  • 50,000円
  • 80,000円
  • 100,000円
  • 130,000円
  • 150,000円

の中から自由に選択する

返還義務 あり。卒業後、月賦又は月賦・半年賦併用で返還。
利子 無利子 有利子

貸与 日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(有利子)について

入学時特別増額貸与奨学金制度

1年次において、入学月を始期として奨学金の貸与を受ける者は、希望により、入学月の基本月額に増額して貸与できます。

下記の5種類の中から選択できます。

  • 100,000円
  • 200,000円
  • 300,000円
  • 400,000円
  • 500,000円

※詳細は日本学生支援機構ホームページをご確認ください

 

このページのトップへ